スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装甲悪鬼村正 感想





Nitro+ 10周年記念作品 装甲悪鬼村正。
章の切り替え時に何度も見る言葉が、この作品を象徴している。つまり、
これは英雄の物語ではない――

ニトロ作品と言えば、暗く、現実的で、しかし独特の世界観をもつものという風に私は勝手に思ってますが、この作品はまさにそうであったように思います。
特に一章は凄まじい。
優しいゲームに慣れ過ぎた脳が作り出す甘い幻想を、「いや、これニトロ作品だから…そんな甘くないから…」と振りはらいつつ読んでもなお少々のダメージを受けるあの結末。
何であんな暗い場面で街の散策中みたいな陽気なbgmが流れてるんだよ!
シナリオゲーでもこういった残酷さが無いものばかり読んでいた人がやればなかなかに衝撃を受けるのではないでしょうか。
また、1章において巧みにその世界観を説明していること、六波羅への怒りが(とまではいかなくても苛立ち程度は)読み手にも生じるように作られていることが素晴らしかったように思います。
2章以降も六波羅の非情さは変わりませんが、それを読む頃には″またか″という一種の諦念と怒りが生じる程度にはもうこの世界観に馴染めてしまっているのではないでしょうか。

とまぁ、シナリオに関しては後で書くとして、このゲームの売りの一つはキャラクターでしょう。
どのキャラクターも濃いので、完全に好みが分かれると思います。
村正をやった知り合いとどのキャラが好きかを話し合うと、えーまじかよ!お前あいつが好きなの?どこがいいの?といがみ合う展開になること必至な気がしてなりません。
そのくらい好みが分かれる…はず。
万人受けするのは、光くらいだと思います。これも怪しいけど。
まぁ、多くの方は魔王編をやり始めてから好きなキャラクターが増えるのではないでしょうか。
惜しむらくはヒロインの微妙さ。
一条と大鳥に関してはそのキャラクター性も一因とはいえ、そもそも各√における立ち位置がヒロインというよりライバルであるせいだと思います。
正義と悪とは、あるいは復讐とは という各√の問題を考えるための対極存在でしかない。
そのため、最後まで私はこの2人はそこまで好きになれませんでした。
次に、超絶ぷりてぃーでメインヒロイン間違いなしの茶々丸ちゃん。
ヒロインとしてのポテンシャルをもっている茶々丸ちゃんですが、残念ながら√が非常に短い。
物語の流れを考えると、仕方ないんですけどね…。
3章の時点でビビッときて茶々丸√を楽しみにしていた私は深い悲しみに包まれました。
村正に関しては普通にヒロインやってたので割愛。光もヒロインといえばヒロインですが、攻略対象たりえぬ存在なので割愛。

また、映像と解説も素晴らしかったように思います。
10周年記念作品だけあって、映像が随所に挿入されています。特に武者の戦闘時なんかは、技出せば映像出るみたいな印象。
小市民なので、これに対して金かかってんなーという感想しか出せないのが辛いところです。
それよりも素晴らしいと思ったのは、解説画像です。
この画像は、武者同士の戦いや、剣を用いての対戦時に今どういった状態なのか、相手や自分が為す行動はどういったものなのか、というのを明確に示してくれます。
剣術、例えば「燕返し」という技を聞いても実際どういった行動が行われるのかすぐに頭に浮かぶ人は少ないのではないでしょうか。
斬り下げた後すぐに斬り上げる、と書けば雰囲気は分かりますが、そもそも一般人は剣術のいろはが分からないのでその選択肢を取った事に対する驚き、納得、といったものが文章を読んだ時に生じない。
画像によって、「普通はこう動く。だからこの選択肢が強いんだ」という事が目に見えて明確に示されること、それによって少なくとも納得はできるので、現実味が増したように思います。
一方、こういった細かい解説によって戦闘のテンポは悪くなったので、不満に思っている人もいるかもしれません。
特に、ドラ○ンクエストの終盤で雑魚戦を飛ばすような人間なんかは。
これが村正を燃えゲーだと思わない人がいる理由でしょうね。
私は魔王編、アツかったと思います。

次に、システム面。
はじめに、縦読みシステム。
縦読みである必要性があったのか?
雰囲気は確かに出た気もしますし、外国語と大和語が明らかに区別できたのは良かったと思いますが、
文字数が少ないので、読む時間が増加してしまうデメリットも。まぁこれは±0、別に文句はありません。
文句があるのは、しおりです。
これいりますかね?いらないでしょう。
しおりだけしかないのなら分かりますが、普通にセーブ機能があるならサイドメニューはしおりではなく、セーブで良かったと思います。
あと、途中に出てくるミニゲーム的な移動とかパズルはいりますかね…パズルは兎も角、移動ゲーは面倒なだけでした。

最後に、もう一度シナリオについて簡単に。
このゲームは、繰り返しが多いです。
善悪相殺の意味、主人公の葛藤…答えにたどり着いては迷うことを繰り返す。
これに対して苛立つ人もいるかもしれませんが、このゲームはそういうものです。
気に食わないならば、多分向いてないでしょう。
このゲームは非常に長いので、駄目だ、と思ったら早めに止めた方がいいと思います。
ちなみに、英雄編、復讐編は7時間程度、魔王編は10時間以上かかった気がします。
英雄編は一つの物語として完結してますが、復讐編はどちらかというと魔王編の下地な印象を受けました。
魔王編は文句なしに面白かったです。

とまぁ、存外に長くなってしまったので、後はネタバレ込みで追記にて。

続きを読む

グリザイアの果実 感想



昨年度の萌えゲーアワード金賞作品、グリザイアの果実。
昨年2月はグリザイアと猫撫ディストーションが2大注目作品だと個人的には思っていました。
そして猫撫デが勝つだろう…とも。
しかし!レビューを見る限り圧倒的にグリザイアの勝利…。
猫撫デを結構気に入っていた私としては、本当かー?本当にこれより面白いんかー?と甚だ疑問だったのですが、
いやぁ、グリザイア面白かったです。

まず、キャラクターが全員良かったですね。
体験版の段階だと幸が好みかな、と思ってたんですが、やればやるほど蒔菜とみちるが好きになりました。
主人公も腕っ節が強いだけかと思いきや、なかなか真面目で、どのルートでもヒロインのために頑張る姿は非常に格好良く、応援したくなりました。

次に、レビューでたまに見かけた共通ルートが冗長だ、という話なんですが、確かにそう感じるかもしれません。
しかし、少しずつ学校に馴染んでいきながら、各ヒロインの性質を理解していく、というのをリアルに再現していた気もします。

で、肝心の各ルートはどうだったかというと、これもかなり満足しました。
詳しくはネタバレのところで書くとして、どのルートもしっかりしていて、捨てルート無しと言っても過言ではない。
まぁ、個人的には榊ルートは他の4つに少し劣る気もしますが。

あとこのゲームはbgmが良かったですねー。
各場面ごとに使われる曲も良かったし、ヒロインごとに変わるED曲も歌詞や場面が内容と繋がっていて非常に良かった。
特に、蒔菜ルートEDの『迷いの森』の歌詞と曲調はあのルートに相応しいので、大好きです。

ちなみに、攻略順はどのキャラからやっても問題ないと思います…が、多分天音ルートが万人受けしそうな気はするので、最後どのキャラでもいいやーって人は天音ルートを最後にすればいいんじゃないでしょうか。

纏めると、続編をすぐ買いに行きたくなる程度には面白かったです。
どのルートも結構長いので、合計30時間くらいは遊べるんじゃないでしょうか。
今なら新品で7000くらいで買えるので、悪くない買い物だと思います。決して後悔はしないかと。
明日から迷宮だー!


クリックでネタバレ


まずは蒔菜ルートから。
綺麗に纏まっていた気はしますが、1年であのナンバー受け継ぐレベルまで到達するとか蒔菜やべぇ。
というかこのキャラクターはやっぱり脇役でこそ輝くキャラだったよね、ルート入った後よりも学生寮でわいわい騒いでる時の方が魅力的だった。

次に、天音ルート。
過去編は非常に面白くて、一姫が人気なのも納得でした。
というかよくもまぁ、あんな遭難劇を書けたなぁ…と。生じた出来事はテンプレみたいなものとはいえ、ヒルや水の話など細かい描写によってかなりリアリティが出ていたように思います。
ただ、終わり方が微妙。あんな年齢まで続ける必要あったのかなぁ。蒔菜が餓鬼を抱っこしてるところらへんで終わらせても良かった気がします。

3つ目は幸ルートをやりましたが、これも面白かった。
幸が歪んでいく過程が丁寧に描かれていたし、学園ぶっ壊したところで終わるのではなく、ちゃんと最後向き合うところまで書いたのも良かったかなー。
最後の展開からED曲の流れはずるいですね。


4つ目、チルチルるーと。
阿呆の子、みちる。明らかに蒔菜と同じサブでこそ輝くキャラだろうと思っていたんだけど、このルートも結構面白かった。
移植によって意識が…の部分は置いといて、自殺しようとしている人間に、その結果何が起こるのかを理解させるっていうのは結構よくある話ですが、その手法が好きだったかなー。
EDの途中であれ挟んでくるのも悪くなかったかなー。ED曲のSKIPは大好きです。

ラスト、榊ルート。
簡潔に言うと、「チート乙」
他のルートにおいても主人公はJBや学園長の力を借りたりしてますが、これに関してはかりすぎ。
国の機関とか動かされちゃうと、お、おぅ…としかいえないですねー。

あ、あと榊が川の傍で絵描いてるときのCGマジで勘弁してください、笑って内容に集中できない。

いつか、届く、あの空に。 感想






::::::::        ┌─────────────── ┐
::::::::        |ねないでっやれられたようだな…     │
:::::   ┌───└───────────v───┬┘
:::::   |フフフ…奴は四天王の中でも最弱…     │
┌──└────────v──┬───────┘
| 初見ごときにやられるとは │
| 主門作品の面汚しよ…        │
└────v─────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡     
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|    
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /   
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\
  いつ空        きっすみ      めぐり



このAAを『天使の羽根を踏まないでっ(以下、天羽根)』クリア後にスレで見つけた時から、お朱門さんの作品に興味があったわけですが、ようやく近くでいつ空を見つけて購入できました。
内容についてですが、端的に言いますと非常に満足しました。
天羽根では、羽音ルートとグランドルートは非常に面白かったにも関わらず他のルートが微妙だった事、ラース(憤怒)の事など明らかに設定が作られていただろうものが結局使われなかったことなど幾つか不満があったのですが、この作品に関しては不満…というほどではないものの、引っかかるのは傘ルートのみで、ふたみルートは燃えましたし、桜守姫ルートに関しては文句なし、天羽根の羽音ルートに匹敵、あるいはそれを超えるものでした。
間違いなく、四天王において天羽根よりは上なのではないかと思います(笑)
あと某レビューサイトなどで理解しにくい といったレビューを幾つみましたが、少しだけ頭を使えば簡単に理解できるレベルだと思います。
この作品は『何処へ行くの、あの日』と同じでかのレビューサイトにおいて不当な低評価を受けている作品かと。

この作品で最も素晴らしかったのは桜守姫ルートだと思います。
詳しくは追記の方に書きますが、最初にふたみルートをやった人の多くは、ふたみのキャラクター、そして物語の過程や結末から、これこそが正史だ、ふたみこそがメインヒロインだ!と思うのではないでしょうか。
私は思いました。
もうこれどうするんだよ、後の二人とか絶対ふたみレベルに達しないよ・・・。
個性の時点で桜守姫とか傘姉とかもう全然駄目じゃん、のんだったらあるいは、とかなんとか。
しかし、恐ろしいことに桜守姫ルートはゆうにふたみルートを越える出来であり、こちらこそがメインヒロインだ!と思えてしまう。
こんなシナリオも書けるのか、と感服しました。

さてもう一方、傘ルートについてですが、これは好き嫌いが分かれそうだと思います。
そも、このルートは必要か?と問う人すら出てくるんじゃないでしょうか。
『明日宿』という要素を出したかっただけではないのか、とも思いますが、あるいはこれも一つの起こり得た結末である、という点ではやはり必要だったかと。
このめルートにおいて、主人公があーだこーだやってる裏で、あぁいうことが起こっていたのかなぁと考えると胸があつくなりますね。

また、この作品で良かったと思う点はヒロインがくっつく相手が主人公でなければ・・・という点です。
他の誰かではなく、主人公の策であるからこそ、とちゃんと主人公に意味があったので、素直に彼を応援する気持ちになれました。

最後に、この人の作品では定番であるキャラクターの名前ネタ。
「ふたみ」の時はそこまでぴんときませんでしたが、傘や此芽や愛々々、のんの名前の由来は良く出来ていると思ったし、それぞれに対して駒としての役割ではなく、親の願いがしっかり込められた名前がつけられていたので非常に印象に残りました。


以下、ネタバレあり。

続きを読む

赫炎のインガノック 感想

stpnre_ban_l.jpg



"喝采せよ!"など印象に残る台詞と独特の世界観、雰囲気ゲーと言われているこのゲームは、確かに美しかった。


まず、このゲームは前作、セレナリアから確実に進化していると思う。
前作では足を引っ張っていたゲーム性が、このゲームでは大きな長所になっている。
心の声を聞く――
これはゲームでしか出来ない表現の仕方だろう。
章が始まり、不可解な部分に悩みながらも物語を読み進めるとゲームパートが来る。
此処で情報を集めていくと、不可解だった部分が氷解し、一つの方向性が見えてくる。
勿論、こういったシステムは他のゲームにも存在するのだろうが、素晴らしかったのは手と仮面の存在だ。
この2つを選ぶと、クリッターや奇械、現象数式実験といった事柄の説明がなされる。
物語内で誰かにこの説明を延々とさせていたならば、きっとあの世界観は維持されていなかったと思う。

このゲームは好きか嫌いかに2分されるというが、その原因の一つは繰り返しだろう。
戦闘シーンや黄金螺旋階段は各章少しずつ差異はあるものの、かなり似通っている。
戦闘に熱い展開を求める人なんかはきっとこのゲームに向いていない。
力の顕現が流れ始めた瞬間にギー先生の無双が決まってしまうから。
しかし、僕はこの繰り返しが嫌いじゃない、どころかかなり好きだ。多分、この作品が好きな人は皆そう。

キャラクターが魅力的なのもよかった。
キーアとアティの存在が何より大きかったけれど、老師イルやランドルフも良い味だしてたし、中盤よくわからないキャラクターだったケルカンやルアハも最終的には好きになってた。

bgmは相変わらず素晴らしい。
力の顕現は前から好きだったけれど、日常シーンの曲も、螺旋階段の曲も、どれもこれもが良い曲だ。

演出はセレナリアの時よりずっと迫力が増していたし、前回のように四角く切り取っていないため、違和感も無かった。

シナリオの具体的な内容についても触れたいが、それは2週目を終えてから書こうと思う。
老師イルやランドルフの言葉は恐らく2週目においてより輝くものだと思うから。
終章のラスト、そしてエンディングに関しての考えは或る程度形になったのだけれど、まだ何かあるように思うのでこれも省略。
ただ、正直言って11章をもういちどやるのが辛い。あの展開は絶対来ると思っていたけど、きて欲しくなかったなぁ…。
必要だった、と納得はできるけれど…。うーん。


褒めてばかりではなくマイナス点も挙げようと思っていたのだけれど、恐ろしいことに全く思いつかない。
本当に良く出来たゲームでした、エロ要素少ないしコンシューマー移植なりして、多くの人に知られてほしいわー。

続きを読む

蒼天のセレナリア 感想



バナーとか探すの面倒だったので、一旦これで。

続きを読む

【体験版】'&' -空の向こうで咲きますように-

『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています!

既に記事あるのでそれに便乗しようかと思ったけれど、見にくくなりそうだったので。

続きを読む

体験版その1-死神のテスタメント-



そろそろ1月発売のゲームを調べよう、ということでまずは死神のテスタメントの体験版をやってみました。

続きを読む

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。