スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろとりどりのヒカリ 感想



「いろとりどりのヒカリ」の感想です。
某サイトで異様に評価が高く、
いろセカも個人的には好きだったのでやってみました。

シナリオに関して

メッセージ性もあって前作よりもよかったと思います。
いろセカの時に叩かれたところの補足だろうなぁと思えるようなところもちらほら。
これは後に個別の部分でも書きますが、
蓮也に関しては前作で意味の分からない部分が多かったので、とても良かったです。


個別ルートの感想(クリックでネタバレ)


・真紅ルート

真紅

わーい!
真紅ルートはもうこの一枚につきます!
真紅ルートはただただ真紅のかわいさを堪能すればええんや…!!
僕はいつもグッズには興味がなかったのですが、
このゲームをやって初めて真紅の抱き枕が欲しくなりました。
もうほんと、罪なゲームですね…。

これだけ真紅で楽しんでしまったので、
ラストの悠馬との別れは僕にとってもかなりつらいものとなってしまいました…。



・つかさルート

tukasa.jpg

いろセカでも一番目立たなかったキャラでしたが、
今回でもあまり挽回できなかったように思います。
元気いっぱいな子ってどうしても不憫な立ち位置になりがちですよね…。

働かなくてもいい国をただの"良い”国にするのではなくて、
その光と闇を描いたのは良かったと思います。
ラストのオチを「優しい王様と人民のすれ違い」に落ちつけたのもこの作品らしいなぁと思いました。



・鏡ルート

kyou.jpg

なかなか良かった思われる鏡ルート。
前作では鏡ルートでの蓮也と加奈ルートでの蓮也のキャラが違いすぎて
一体どういうことなの…?と不完全燃焼気味でしたが、今回で見事に補足できたように思えます。

そしておばあちゃん萌えー^^
なんだあのかわいい生物はっ!
最後にして一番の萌えキャラが誕生した瞬間でした。



・澪ルート
mio.jpg

前半戦は澪が果たして「私」なのか「あたし」なのかの話。
これは明らかに前作で作者が間違って打ってしまったのを、
後から無理やりこじつけた感が半端ないです笑
い、いや…さすがに少しきついでしょう…。
まぁもともと僕は「私」と言っていたことに気が付きませんでしたが…。

後半戦はほとんどとおるさんの話に。
一気に空気になる主人公たち。
とおるのお母さんとの感動の再会。
しかもとおるちゃんがいいキャラしてるんだよ!
これはもはや「とおるルート」といっても過言ではないでしょう。

ところで、怪談話の半分は正解で、もう半分は…?
作中で言ってましたっけ?



・加奈ルート

kana.jpg

これももはや加奈ルートではなく蓮ルート。
前作では加奈ルートが一番好きだったのでこれには残念でした。
まぁ加奈だけは前作で完成していたということなのでしょう。

そしてこの一枚絵の蓮を見てください!
まさに天使!ひゃっほい!!(自重しろ)
それだけに白さんとの別れで
「私、強い子だから。お兄ちゃんもお姉ちゃんも、みんないるから。大丈夫だよ。」という声と
“お願い、私も連れて行って。お母さんと一緒にずっといたいよ……ッ”と心の声が同時に聞こえるシーンは
連好きにはたまらなかったのではないでしょうか。



・グランドルート

yuuma.jpg

その前に藍ルートがあったのですが、特に書くことがないので省略(少し疲れた)。
いや、確かに「鹿野上 悠馬」があんなにひどい感じだとは想像していなかったのですが…。

それにしても藍がハクの生まれ変わりで、
「僕」がレンの生まれ変わりで、ってちょっとややこしかったかなぁと思います。
さすがに青空がハクの鬱な部分(?)を切り取ったものと言われたときはどうしようかと思いましたね(汗)
そこまで前世からの因縁を持ちださなくてもいいんじゃないかなぁ、と。
僕は結構作品の雰囲気を楽しみたかったのに、
そういうごちゃごちゃでいまいち楽しみきれなかった感が否めません。
そこは少し残念でした。


そして今作をやって誰しもが驚いたこの展開↓

eeee.jpg

えええええええええ!!!!!!
まさかまさかのこの展開!
いや、僕も思ってましたよ。
あれ、悠馬の体どうするんだろうなぁ、って。
ご都合主義がすぎるんじゃないかなぁ、って。
でもね。
まぁ「いろとりどりのヒカリ」ならそれもアリかな、って。
Nitro+じゃないんだから、って。
まぁ悠馬がんばったし、最後はいい話だったなぁ、って。

そう思っていましたよ!

この作品でやったからこそ、この展開は価値があったかなと思います。




ちょっとしたこと

今作をやる前にこれだけは言っておきたいのですが
おそらく「いろとりどりのセカイ」を再プレイしてからやった方が楽しめると思います。
おそらく1年も前のことなので、細かいところを忘れていると思います。
覚えているというのなら別に構いませんが、
澪が入れ替わった理由を忘れた、最後のあの世界はどういった経緯でできたか忘れた、
という人は絶対に再プレイした方がいいと思います。

総評

今作はシナリオが凝ったものとなったおかげで
純粋に雰囲気を楽しむだけのゲームではなくなってしまいました。
「雰囲気」というその1点のみならば、僕は前作の方が良かったかなぁとおもいますが、
全体としての完成度では今作の方がよかったと思います。

プレイ時間はどちらも並行してやっていたのでよくわかりませんが、
2つ合わせて30時間くらいだったと思います。
いろセカの方は個別のみやったので。
それと全体の点数は85点くらいかと思います。
いろとりどりのセカイをやって楽しめた人は間違いなく楽しめると思うので、
是非やってみてはどうでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。