スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】夏めろ




――――忘れないで
    空がこんなに綺麗だったこと。


今は活動停止状態となっているAcasiasoftから発売された夏めろのレビューです。
上のセリフからは想像もできない作品に仕上がっております…。

先の腐り姫で受けた精神的ダメージを癒すために本作に手を取ったのですが、正直ダメージが増えたというか…。


・シナリオ

展開は前半はほのぼのとしたどこにでもあるような学園生活、そして夏休みというものをうまく描いています。
しかしキャラルートに入った途端、豹変します。主人公が。
ネタバレにならない範囲で言うならば主人公が突如理性を喪失し、獣のようになります(下半身的な意味で)
事前に他サイトのレビューなどを見ていましたが、まさかここまで豹変するとは思わず面喰いました(笑)
実際に身近にいたら確実におまわりさん、こいつです状態になりますので主人公に不快感を示す方が多いと思われます。
かくいう私もこの主人公はないわーって感じです^^;;;
まともだったと思えたルートが1つしかなかったという。
前半部分の日常パートもこれといって特徴のないキャラクター同士の掛け合いで思わず続きを読みたくなる!というような感じではないです。
ただ、高校生のなんかグダグダした日常をうまく描いているようにもとらえられるかもしれません。
もし、ライターの木之元みけ氏がそれを狙って書いているのだったらすごいです。
それと各ルートがかなり尻切れトンボ的に終わっていきます。
「俺たちの物語はこれからだ!」的な具合で終わって、その後のエピローグなどもありません。
シナリオ的にはこれでいいのですが、そういうのが苦手な方はご注意ください。


・システム、絵&音楽

絵はシンフォニック=レインやラノベなどで大活躍中のしろ氏が手掛けています。
美夏は最初ファルシータさんかと思いました^^;;Look at me~♪
絵については正直分からないのですが、立ち絵やCGで違和感を抱くものも結構あったりします。
それと塗りが白めの色なので顔色が悪く見えるという人もいるかも。
ただ、しろ氏の絵が好きな方にはそれだけでも本作を購入するだけの価値はあると思います。
全体的に幼い感じですがどのキャラもすごくかわいいです^^
そのためキャラクターもあまり個性的という訳ではないけどかわいく見えてくるような…!?

音楽や演出は可もなく不可もなくという感じです。
映像演出はほとんどなかったですが、特筆すべきはH-Customなる怪しげなシステム(笑)
射○位置などは選択肢にありがちですが、足コキにおける靴下の有無やらヒロインのヘアの有無、はたまた主人公のチ○コが包茎かどうかなんてものも選択できます。(ちなみにメーカー推奨は包茎)
この意味不明な充実っぷりでHシーンは十分お楽しみいただけるかと思います!知らんけど。
音楽はのんびりとした夏というものをうまく演出していたと思います。
あとHシーンの何とも言えない淫らな感じも…(笑)


全体的な評価をするならば75点あたりが妥当な作品です。
大きな矛盾や穴がない一方で、これといって唸るようなシナリオが展開される訳でもありません。
主人公がアレなので5点減点で70点にしてもいいかも^^;;;
ただ、ネタバレの方に書こうと思ってますが今作はエロゲーの中でもかなり異色な作品です。
そういう意味ではこういうエロゲもあるんだよという感じでおすすめしたくもなります。


以下ネタバレあり(クリックで展開)




蘭(いいんちょ)とつぐみ様の豹変ぶりが怖かったです…。
特に前者は普段の様子からは想像できなかった分、びっくりしました。

今作は性的SM診断ツールとしても立派にご利用できると思います^^
秋・橘花ルートのHシーンが気に入った方はS
つぐみ様、お嬢様(蘭)ルートのHシーンが気に入った方はM
という感じで。
美夏ルートはどっちでもない感じですねぇ…。
といっても、つぐみ、蘭ルートはいろいろと小道具をお使いになられるのでそういう属性の方はそっちに流れるかもしれませんねぇ…。

性的なお話はこのくらいにしておいて。


今作は先の腐り姫同様、「現実」を映し出した作品だったと思います。
腐り姫の場合とは異なった形ではありますが、エロゲーにありがちな「理想」とは違った道を進んでいってます。
今作の舞台設定として高校3年の夏休み前~夏休み明けとなっています。(あくまで演出上だよ!実際はみんな18歳以上だよ!)
大学受験という大きな進路を目前とした時期であり、高校というクラスという単位や学校という単位で様々なことを経験する場と離別する前という不安定な時期でもあります。
いわゆる青春の季節というのは高校までのことを指しているはずなのですが、そういった最後の青春を彼氏彼女と謳歌したい!という欲求と進路への不安に大きく揺れ動いています。
そういった部分をうまく描いているように感じました。

今作のヒロインと主人公の関係は非常にあっさりしてます。
シナリオゲーにありがちなヒロインの秘めたる過去!とか内に秘めた想い!といったものを理解して心を通わす感動的なものなんざございません。
そもそも主人公がヒロインを好きになる動機は全部「可愛い」という見た目の印象です。
出てくる女の子にところ構わず「可愛い」と思っていて、その中からたまたまよく接した人間が好きなのかも?と思って口説いたり、既成事実を作り上げようとしていきます。
一応、橘花や蘭は過去のトラウマやら出来事というものを引きずっているというのですが、どちらもギャグチックに落とし込められているのであんまし効果を発揮していません。
蘭にいたってはトラウマはどこにいった!?って感じで途中から迫ってきますし…。

しかし、高校生の男女関係というのはこんなものではないでしょうか?
お互い見た目に惹かれ、ちょっと話してみて合うなって感じたらとりあえず付き合おうとするもんだと思います。
主人公の性欲はちょっと桁違いですが、高校生ぐらいだとかわいい女の子にいつも目移りするぐらいが普通なのではないでしょうか?
そういった意味では非常に「現実」に根差したものでしょう。
ラストも、この先ヒロインとずっと付き合ったで居続けるとは限らないしいつか別れるかもしれない、でも付き合っていた期間は大切な思い出になるんだみたいな考えもリアルです。
エロゲーでありがちなエピローグで数年後も仲良くカップルとかいつの間にか結婚、出産というのはとても理想的な形です。
僕もどっちかというとエロゲーでありがちな理想のカップル、夫婦みたいなのが好きですが、現実はそう甘くはないです。
そういうものをエロゲーというジャンルで描き出したというのは非常にすばらだと思います。
惜しむらくはこの作品を最後にブランドが活動停止になってしまっているということですね…。
この路線で作品を出していけば萌えゲーやシナリオゲーが大多数を占める今のエロゲーに新しい可能性を吹き込んでいたのではないかと思ってしまいます。
あとは、兄妹と言えども愛が芽生えればそれぞれ男と女という性として現前するという構図はとあるゲームと同様でしたね。こちら側はあまりインモラルな雰囲気が出てなかったですが…。それはそれである意味リアルなのやもしれません…。
身近にそういった異性の家族と関係を持ってるというような人を知らないんで実際のところはどうだか知りませんが…^^;;;;


とここまで絶賛しましたが、不満点は結構あります。
システム面ではバックログがマウスのホイールでなかなか出てこないです。(これは僕のマウスが相性悪かっただけの可能性はありますが)
日常パートがある意味リアルなため長々と見せられると結構退屈してきます。
大体はテンポよく進んでいってくれるのですが、たまに助長が過ぎる部分が…。
あと、各ルート入ってからの主人公の野獣っぷりが鼻につきます。
性欲に身をゆだねるという意味でリアルなのかもしれないけど、いとこ相手やら女友だち(親友)相手にいきなり襲いかかるのはダメでしょ…。レ○プとして訴えられてもおかしくない。それともあれすらも現実的なものなのだろうか?
しかし、一番まともにみえる秋ルートでさえいきなりムラムラっときて青○ですからね…。
主人公がダメ!というPOVが似合う主人公です^^
この主人公自体をプレイヤーのメタキャラというレビューもあったのですが、さすがにゲーム上のヒロインにいちいちかわいいなと思って欲情はしないでしょ^^;;;;…そう信じたいです。


パッと見は特徴のない凡作に見える本作ですが、リアルな風景を描き出したエロゲーでは非常に稀少な作品であったと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。