スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【体験版】この大空に、翼をひろげて

『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver


さて、PULLTOPの期待されている作品である
「この大空に、翼をひろげて」


めちゃくちゃ雰囲気よかったです^^
体験版も4時間ぐらいあって、大満足でした。

この作品をやった後では、なんの生産性もない日常生活を送っている自分が恥ずかしく、
もっとがんばって生きてみようかな、とかも思いました。
ちなみに、インガノックによってふさぎ込んだ心は完全に癒してもらいましたww

さて、ではこの作品についてですが…
この作品ではグライダーが重要なものとなっています。
飛行機が飛ぶ原理や操作などの簡単な解説などがついているので、
興味のない僕でも楽しめるような工夫がなされていました。

ところで、空気力学はよくゲームなどにも使われるのに、
なぜ材料工学は題材にならないのでしょうか。
「合金平衡状態図萌え―」とか「実は物質の拡散には定常状態の場合、フィック則が成り立っていてね…」とか言うキャラはこの先出てこないのでしょうか?
まぁ、新しい金属の沸点が300K上がったところで、企業的には重要であっても、普通の人はあまり盛り上がらないことはわかるんですけどね・・・。
そう考えると、材料って地味だよね…。

まぁ、そんなことはどうでもいいですが、
それにしても最近のゲームはムービーがめちゃくちゃきれいです。
まほよにしてもこれにしても本当にきれいでびっくりしてしまいます。


ただ、この体験版をやって少し思ったことは

・キャラが少し弱い
・(それゆえに)個別ルートが微妙そう

キャラが少し弱い、というのはそのキャラがしゃべっているだけで
萌だえ苦しむようなキャラがいないということです。
僕は俺つばの小鳩ちゃんレベルがもし出てきてたなら今すぐ予約して(ry
あれぐらいかわいいキャラは残念ながらいなさそうです。
(ただ、小鳩ちゃんも最後のルートで開花したので、ひょっとしたらひょっとするかもしれませんが…)
その点ではこういう雰囲気ゲーでは少し厳しいかと思います。

そして、個別ルートが微妙、というのは
キャラ萌えできずそれぞれの背負っている歴史というか背景が薄いので、
あまり深く掘り下げることができず、ただただ好きになって終了、というオチになりそうです。
ただまぁ、トップページにも「好きになるって、こういうこと」と書かれているので
そういう自然な感じなのは意図して作られているのだろうとは思いますが。
残念ながら、体験版のラストが一番の盛り上がりのような気がします(´・ω・`)

この作品は「インガノック」や「いろとりどりのセカイ」といった
雰囲気ゲーとはまた違った雰囲気ゲーなので、
別に盛り上がらなくても全く問題はないと思います。

ただ、僕は残念ながら最後の盛り上がりはやっぱり求めてしまうと思うので、
少し評価を待ってから決めようかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。