スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電激ストライカー 感想

───ろに、はない。





──ある少年は、守りたいものを守ることができなかった。
──ある少女は、交わした約束が守れなかったことに絶望していた。
──ある大人は、終りがある未来を終わらせないために逃げ出した。
──ある子供は、忘れてはならないものを忘れていた。
──あるモノたちは、全うすべき使命を見失っていた。
──あるモノたちは、自らの野望を叶えるために暗躍していた。
──そしてある時、そのすべての思いが交わり、絡み合う瞬間が訪れた。




OVERDRIVEが第6作目として出したこの作品、この作品からはこのゲームを売ろうとする気があまり感じなかった。ただほんとにこのゲームが作りたかったんだろうなと思わせる作品であった。
それはまるで面白い遊びを考えた子供が他の子供を遊びに誘うように、『俺たちこんな面白いもの考えたぜ、お前にも教えてやるよ』と制作陣が語りかけてきている、そんな気がしてならない。

言ってしまうと単純に面白かった。不満点やら矛盾やらはぼっこぼっこあるのだけれど、この作品を思い返してみると真っ先に思いつくのが『面白かった』という純粋な感想である。ただもうちょっとボリュームはほしかったかな。

もし購入を検討している方がいるなら公式からDLできる『にこにこ劇場』をみてみるといい。もしこれに何かしら感じるものがあるならやってみて損はないだろう。

最後に、緒方さんは素晴らしい声優だ。この作品のラストの緒方さんの演技はものすごいものがあった。
もし緒方さんが好きな方がいるなら即買いしてもかまわないと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。