スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつくもゆるる 体験版 感想



すみっこソフト『なつくもゆるる』応援中!




ようやく出ました体験版!
というわけでさっそくプレイしました。

お、面白そう!


ギャグは相変わらず冴え渡っていますが、「はるくる」「冬は幻の鏡」よりは微妙かも…。
笑うところが少なかったように感じました(それでも他の作品よりは多かったですが)。
それと体験版の段階ではキャラが微妙です。

・りねが法隆寺法隆寺うるさい
・紫穂は「がるるる」とうるさい
・姫佳は想像以上に普通
・ユウリは一番安定していますが、体験版では出番少なかった…。

それと、舜はちょっとIndigoの高尾とかぶります。
渡辺さんの描く男キャラはちょっと変態すぎてついていけないところがあるんですよね…。



とまぁそんな表面的なことは置いておいて、内容について。

saigo2.jpg



思わず鳥肌がたちました。
すみっこソフトのブログでも書かれていましたが、
この作品のテーマの一つには「世界の終わり」があるそうです。
「幼いこと」と「世界の終わり」この二つがどのようにつながるのでしょうか?
ここでは体験版で明らかになった情報を元に、
体験版で出てきた伏線について少し考えてみたいと思います。


まずは体験版で出ていた伏線を集めてみます。

・潮溜まり
・主人公と紫穂は虎と同じような目をしていた。
・夜目が効く
・幼い容姿
・停電
・自殺病
・相対性理論とタイムスリップ
・狂気を集める
・世界の終わり


まずは停電とタイムスリップ
ユウリとの会話で相対性理論では人間では用意できないほどの質量があれば、
タイムスリップ可能であることが仄めかされています。
そして、街中が停電したことから、電気を集めることによって世界の終わり(おそらく自殺病患者で溢れて人類が滅亡した未来)にタイムスリップするエネルギーを得たんじゃないかなぁ、と。
ただこれは因果関係が逆かもしれないので(電気を集めてタイムスリップ→停電ではなく、タイムスリップして廃墟を見たから停電しているように感じた)、本当のところはどうなのかわかりません。

ちなみに、ユウリとの会話の前に部長と「自殺に見せかけて殺す犯人」について話していますが、あれはミスリードじゃないかと睨んでいます。

次に「潮溜まり」について。
潮溜まりの内容をまとめると、

・最高位の捕食者がいることで、生態系のバランスはとれている。
・勝者の存在しない多くの種が暮らせる世界が作られる。
・みんなを食べる動物がいないと、どちらかがいなくなるまでの戦いが始まる

といったところでしょうか。

siodamari.jpg



捕食者というのはなにを表しているのでしょうか?
人間に当てはめると、食べるというイメージよりはバランスを保つという意味をくんで「管理者」くらいが妥当かと思います。
さて、ここで

潮溜まり→施設
マツバガイ→自殺病患者(なぜかロリが多い)
ヒトデ→主人公

と置き換えられるのではないかと想像します。
主人公の目が虎と同じように感じたという紫穂のセリフが根拠です。
でもヒトデがいたら自殺病患者は増えないことがひっかかります。
そこで、発想を変えて、この作品が「主人公がヒトデになるための物語」ならどうでしょうか。
姉は弟をそう育てようとしたと。
だからヒトデになれなかった主人公を見て「つくづく使えない弟」と言ったのかもしれません。

・・・うーん、なんの根拠もない笑


やはり体験版(2時間程度)ではここらへんが限界なのか…。
ですがこのようにまだ見ぬ作品を、勝手に妄想するのも結構楽しいものですね。
渡辺さんが幼いことにどのような意味を与えるのか、それがいまから楽しみでなりません。
製品版が待ち遠しいです。



関係ありませんが、これはちょっとした思いつき。

最近のエロゲ業界は意味もなく幼い容姿のキャラが多くなった気がします。
この作品は、
このままいくとロリキャラの飽和(自殺病の患者はなぜかロリが多い)が
エロゲ業界自体の衰退(世界の終わり)につながるのではないか、
と業界全体を啓発しているようにも感じられるのです。

これはあくまでも想像なので、伏線とはなんの関係もありませんが、
「幼いことには意味がある」というのはやっぱりそこらへんのことを意識しての言葉かなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 

こんにゃん!

体験版からここまでしっかり考察しててびっくりしました・・・。

キャラ的にはこの時点では評価しづらいですよねえ・・・。

個人的にはりねに注目してます^^;;;
キャラ紹介で「限界を超えるとすぐ落ち込んでしまう」ってあるので、その落差が気になります。
フユガミの小太郎的な立ち位置としてかなり考えてテンション高めにいるんだろうな、と思うとこころなしか評価があがる、かも・・・?
紫穂は男口調キャラとして好きですねー。
だって、かわいいじゃないか!(~じゃないか口調フェチですいません><)
残りの二人はよく分からない感じなので何とも言えないですが、なにか隠してる感じに期待です。

あと、廃墟フェチとしては、後半の廃墟は興奮しました!(濡れた訳じゃないんだからなっ!)
廃墟という退廃した舞台を用意したのにも意味がありそうなので、そこにも期待したい!
あと、廃墟とヒロインキャラの一枚絵がどれくらいあるかによって、評価が変動しそうな気もします(笑)


ロリについては、はるくるのVFBのあとがきにちょっと書いてたこともあるので、ロリである必要と、ロリが好まれる理由というところまで書いてるんじゃないかな?
ロリだらけの業界の啓発というよりかは、なぜロリが好まれるのか?ロリコンが真剣に考えた!っていう側面のほうが強くなりそうだと思います。

個人的には近親相姦についての論議をしっかり調べられているというのがものすごく好印象です。
そういう意味で姫佳ルートはかなり期待してます。近親相姦を社会的立ち位置より個の愛として表現した他の作品とは違った視点から表現してくれるのでは?という期待感があります。
他作品においての主人公は家族に恋慕するという社会的に逸脱した人間を描いてますが、そうではないものを描いてくれるのではないか、という期待です。
あるいは、幼い頃一緒に過ごしていなかったからウェスタ―マーク効果が表れないから、二人は好き合える!という方面にいくかなどわくわくが止まりませんwwww

ほんと、6月が待ち遠しいです^^

No title

>ユーリアさん

はるくるのVFBはちょうど手元になくてうろ覚えだったのですが、なるほど「なぜロリが好まれるのか」に焦点をあててるのですか。
そうすると上の想像もちょっと変わってくる…のかな?
うーん、わかりません笑


近親相姦については確かに描かれていましたね(完全に潮溜まりに気を取られていた)。
今回の個別はちゃんと√ごとに分かれているのかはまた気になるところですが、
はるくるみたいに途中に組み込まれてる形式だったら、それをどう扱うのか気になります。
まぁ量もあるみたいですし、ちゃんと個別√はありそうですけどね。

ところで、渡辺さんといえば生と身体の関係ですが(、今回も絡んでくるのかこないのか。
そこらへんも少し楽しみですね。
弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。