スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】Rain memory-あまやどり-

なつくる


僕は、雨が嫌いだ。



同人サークルflapによる短編ゲームで、ダウンロード版が1980円と低価格帯です。
それに伴いプレイ時間も3時間ほどと一晩夜更かしをすればコンプできてしまう代物です。

雨の日がメインの舞台となっていることもあってか、暗めの作品です。ダウナー系とでも言うのでしょうか?
設定自体はノベルゲーム界隈では見たことのある、言ってしまえばありきたりなものですし、展開も既視感があるかもしれません。
文章は雰囲気にあった感じなので、ギャグ要素は皆無です。あと、ダウナー系の雰囲気を出すためなのか、ところどころ文語調になったりします。(「やっぱり」を「矢ッ張り」と表現しているなど)
少しなのですが、そういうのが鼻につく人はつくかもしれないです。

良かった点としては、キャラの感情の機微をうまく表現されていた点です。
設定で「またこの手のゲームかー」とうんざりしそうになりつつも、他のゲームとはちょっと違ったスパイスがあったので苦どころか楽しくプレイできました。
キャラ視点で語られるゲームの技法としてセンスを感じました。
また、ラストの展開も特徴の一つかと思います。
それまでの展開は予想できるのですが、ラストは少し驚かされました。

他に評価できる点としては抜き要素が高かったという点です。
絵柄は可愛らしい感じなのですが、Hシーンが妙にエロい。
シナリオの評判を見て購入したため、エロについては考慮していなかったのですが、予想外のエロさにびっくりしましたww
バリエーションも豊富で、チアガールや水着、体操着といった学園ものの定番から病院で器具を使ったものなどがあります。
好きなジャンルがあれば、抜き要素としても使用可かと思われます。
また、「簡単鑑賞モード」というもので本作をプレイせずにCGや回想シーンを観ることが可能になるというシステムが搭載されています。プレイしなくてもエロ目的に走れる便利機能です!
・・・このようなモードがついているということは抜き要素も売りの一つとしてPRしていたということなのでしょうか?
私はプレイするまでまったく知りませんでした・・・。お恥ずかしい限りです^^;;;

低価格帯のゲームでシナリオがそこそこよく、かつ抜き要素としても十分なので非常にコストパフォーマンスは高いと思います。
名作のように素晴らしい展開や感動といったものは得られないかもしれないですが、心のどこかにひっかき傷を残していく、そんな作品でした。

現在「DMM.com」さんにて半額セール980円でダウンロード購入可能なので、ゴールデンウィークにとくにすることないなー、と思っていらっしゃる方は購入してみてはいかがでしょうか?



以下ネタバレあり(クリックして展開)




3周目までの主人公の心情はうまいな、と思いました。
1周目から主人公がひたすらに違和感を抱いていて、3周目のTRUEでその違和感の正体に気付くというのは面白かったです。
ループものに主人公が「気付く」という点にうまく焦点を当てていたのがうまい、と思いました。

TRUEルートのラストのラストで一気にひっくり返されるような形になっていたのが個人的に好印象です。
TRUEルートのラスト直前までは「あー、二人は無事に幸せになれたんだなー。イイハナシダナー」という印象で、ちょっと物足りなさを感じてただけに、いきなり「え、なにそのセリフ!?」ってなりましたwww
また、TRUE後に再プレイしたときはシンフォニック=レインを彷彿とさせる鬱要素を感じました。
玲音にまた会えるかという問いに対して「……うん。思うよ……僕は」というセリフがあるのですが、それまでのループとは違った重みが与えられてぞくっとしました。
「だから僕は繰り返さなければいけない」
という言葉を残してこの物語は輪廻の輪の中に閉じていったのがとても印象的でした。

ループものの作品というのはとかく「ループを超越した世界を目指す」というものが多いですが、今作は逆に「ループの中に閉じ込められていたい」という形になっていて、負のエネルギーを感じさせます。
個人的にはそこが斬新に思えました。
前者の場合だと、ループを超越して物語が区切られるという点で読後感がすっきりしたものになるのですが、後者である今作はもやもやします。
「え、これで終わりなの?主人公はどうなったの?玲音は?」
という気持ちを抱えたままゲームを去ることになります。
これで玲音が目を覚まして主人公を見守る、といった描写でもあれば、少しは救われた気持ちになるのですが、そういうものもなかったので、結局二人は・・・。

きれいに終わって「いい話だった」とすっきりする感じではなく、なんともいえない終わりを迎えてもやもやするというタイプの作品です。
そういった形の作品としてはとても出来のよい作品でした。



追記
調べてみたら、Gyuttoさんでも半額セールがなされているようでした。
5月13日までらしいのでよろしければどうぞー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。