スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強盗、娼婦のヒモになる 感想


「強盗、娼婦のヒモになる」プレイしました。
心理学が使われているとか、話が短いながらも上手く完結させてるとか
この作品の良かった点はたくさんありますが、

トラ子さんの圧倒的かわいさ

には到底かなわないでしょう。
あの薬のセリフに憤りを覚えたのは僕だけではないはず…。

飽きさせないテキストでなかなかおもしろかったです。
この「なかなか」というのはやっぱり最後のオチに納得できないからだと思います。
でも2時間程度で納得できるところまで持っていくのも難しいかなぁとも思うので、
「なかなか」という表現が一番正しいような気がします。

ツイッターでも書きましたが、時間がなくてそれなりに面白い話を読みたい方におすすめです。
または心理学、またはメンタリズムに興味がある人も楽しめるかもしれません。
あ、やっぱりトラ子さんに会うだけでも価値があるので是非プレイしてみてください笑

ちなみに僕はこの作品をやってメンタリズムに弱いことがわかりました。
根が素直なんだろうなぁ笑


クリックでネタバレ


納得出来ないのは最後のじゃんけんシーン。
結局母親は嘘つきで主人公も母親を信じていなかった。
あれほど「異常」だと言われた母親があの程度の説得で改心するとは思えませんが、
そうすればこの作品の伝えたかったことは一体なんなのでしょうか?
最後にみんなで幸せそうに暮らすシーンがありますが、今にも崩れそうに思えます。

もう少し時間があればそこらへんのことも丁寧に描けたのでしょうが、如何せん短い。
それだけが惜しかったです。

でもギャルゲと心理学がこんなに相性がいいとはびっくりしました。
確かにメンタリズムはある選択肢を人に選ばせることだから、
相性がいいのは当然なのだけど、その発想は全くなかったです。
これに気がつけただけでもこの作品をプレイした価値があったのかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。