スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 感想




「ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-」プレイし終えました。
某レビューサイトでめちゃくちゃ評価が高かったのでめちゃくちゃ期待してやったのですが…。

正直がっかりでした。

よく言われるように3章までは某作品と似つつもこの作品にしかないものがあって面白かったです。
4章もあれはゲームなのかという議論はさておき嫌いじゃなかったです。

だが5章。お前はダメだ。

詳しくはネタバレで書きます。
ここで5章の悪口を言ってても仕方ないのでまずは1~4章について。

キャラがすごくいいです。
特に主税のキャラが良くて、3章は主税のおかげでものすごく楽しめました。
彼女だけでこの作品の魅力は3割くらい増したと言っても過言ではないでしょう。
他にも内蔵助や清水一美や新八といった敵味方関係なく魅力的なキャラが多いです。
これはこの作品の非常に良かった点だと思います。

また、4章は吉良上野介のサイドからの話なので普段語られない赤穂浪士の裏話は非常に面白かったです。
ただ、それはゲームとして面白いのではなく、小説として面白かったので別にゲームという媒体じゃなくてもよかったかなぁと思います。

総プレイ時間は約35時間。
よくマブラヴが好きな人にオススメというコメントを見ますが、それは微妙だと思います。
展開が似てるんですよね。
なのでマブラヴをやったことがない人、マブラヴは長くてやる時間がない人(こっちもかなり長いですが)にオススメだと思います。
でも、プレイ時間的にも10時間ほどしか変わらないので、できればマブラヴをやることをオススメします。


詳しくは以下ネタバレ

クリックでネタバレ

daija.jpg


へ、蛇が浮いとるーーー!!!!
出てくるのはいいとしてなぜ空を飛ぶ。
しばらく見てると星座みたいに見えてくるから不思議です。
まぁ蛇はどうでもいいです。
別にそんな演出に怒ってるわけではないのです。


今まで散々運命は変えられないことを言ってたのに5章では変え放題。
歴史的に(文献上)同じだったらいいの!?
1~4章の苦労はなんだったのか。
運命を欺くのが簡単すぎる。
ラストに自殺したはずの人が次々と出てきた時には唖然としました。

そして千鳥を持った時の身体能力の向上。
演出を派手にしたかったという製作者サイドの言い分も分かるのですが、これはやりすぎ。

chidori.jpg


蛇を浮かせるからこういうことになるんやでぇ…。
4つに分けた理由もいまいちピンとこず、それぞれのヒロインに見せ場を作りたかったんだろうなぁとしか思えませんでした。
とにかく人間が多すぎて、そしてみんなを目立たせようとするから全体がぼんやりとした印象を持ちました。


とにかく5章は酷かった。
終わりよければなのに、終わりが酷かったばっかりに「忠臣蔵」という作品にいいイメージがありません。
1~4章に光る部分もあっただけに、それが残念です。
次の作品に期待したいと思います。

スポンサーサイト

WORLD END ECONOMiCA 感想




サークル、Spicy Tailsによるビジュアルノベル、WORLD END ECONOMiCA
ep1からep3の三部作になっており、今夏にep3を発売し、シリーズが完結しました。

私はep1購入後、これは一気にやった方がいい作品だろうなーと思ったので、ep3発売をずっと待っていたのですが、先日ようやくプレイし終えました。
いやー、面白かった!
経済を扱ったビジュアルノベルは少ないように感じる…というのは、波間の国のファウストの記事にもあった気はするのですが、その中でも群を抜いて面白かった。

まず、経済ものは扱うジャンルそのものが難点で、難しそうだから、と敬遠されがちだと思うのですが、この作品は図も使った丁寧な解説があり、ep3の用語集にも例がのっていたりと非常に分かりやすかった。
今何が起こっているのか? どう対処するべきなのか? 
それが分からなければ、面白さが半減する物なので、この点は非常に重要だと思います。
実際、ちゃんと説明があったからこそ、ep1の緊迫感はすさまじいものでした。

次に、キャラクターとその変化が素晴らしかった。
主人公を含めた多くのキャラクターが成長していくのが非常に鮮やかに描かれていたように思います。
特に、ep3はep1と重なる場面がちらほらあったので、主人公が成長してるのを実感できて、何とも嬉しくなります。
また、どのキャラクターも各々良い味を出していたので、日常会話でだれることがない。
そして、その会話が後々に生きてくるという無駄の無い構成だったので、非常に楽しかった。
エレノアちゃんや、バートン、クリス、トヤマと、好きなキャラクターは数えきれません。

最後に、音楽…主題歌もbgmもすごく良かった。
私は元々岸田教団が好きなので、主題歌に関しては少し贔屓が入ってるかもしれませんが、ep3のopである月光イノセンスは文句無しに最高だったと思います。
bgmは、Ice breakや核心など、場面を多いに盛り上げる曲から、クリスのテーマやThe Clubなどずっと聞いていられる曲と、非常に素晴らしかった。
是非ともサントラを売って欲しいですね。5kでも普通に買います。


経済ものらしい、大金を動かすが故の緊迫感、そして、主人公の成長。
この二つがこの作品の肝だと僕は思いますが、前者は大きな興奮と絶望を、後者は静かな興奮と喜びを与えてくれます。
経済とか難しそうで苦手、という人でも絶対に楽しめる作品だと思うので、お勧めです。
今年出た中で一番面白いんじゃないかなぁ、と私は思っております。
何でこんなに押してるかというと、本当に面白かった上に、某批評空間で、データ数がやたらめったら少ない上に、内容と関係の無い事で点数を下げる輩がいたので、そういうものを指標として、この作品をやらないのは本当に勿体無い!と思ったからです。

ちなみに、Ep3(Full)には、Ep1からEp3までの全てのエピソードが入っており、メロンやとらのあななんかで、2500円で買えます。

このシーンが良かった!というのが幾つもあるので、細かい事柄は以下のネタバレにて!


追記:サークル公式ページにて、Episode 1の無料公開が始まったようです。
   ttp://spicy-tails.net/index2.html

クリックでネタバレ



まずはep1.
ep1をやり始めて、バートンが出てきたあたりで、僕はep1でハガナや理沙と決別し、ep2でバートンの下で修行し、ep3で全員集合なのかなーと思っていたのですが…
何なんだよあの終わり方!
滅茶苦茶続きが気になる上に、想定以上にbadでした。
ハガナとの決別とか、なんかもう見てられなかった。
でも、素晴らしい1話だったと思います。この作品に一気にひきこまれました。


そしてep2.
穏やかな始まりから数時間の間は、何だか自分の心境も主人公と一緒でくすぶっているというか、もどかしい感じでしたが、そこからの盛り上げ方がやっぱり上手かったなぁ、と。
主人公が復活していく様――特に、エレノアとハンバーガーを食べた後に、何も計画たてていないのに、諦めきれずに手を伸ばすのがすごく好きでした。
あと、宇宙船での主人公とエレノアちゃんの会話も好きで…というか、エレノアとハンバーガー食べた後の全てのシーンが好きですね。
もう食らい付いて離さない、そう言ったはずのエレノアちゃんが完膚なきまでに権力に叩きのめされて、それでも主人公は諦めず…しかしアトラスの株という罠に気付き、絶望しながらも戦うことを決める。
ep2も最高に続きが気になる終わり方でした。


最後にep3.
アトラスとの戦いは省略なのか…と、少しがっかりしましたが、空港で閃いたシーンからの盛り上がり方は最高でした。
特に、主人公が住宅関連企業の元へと走り、閉店しているのを確認して注文するシーンは鳥肌が立った。
ep1において形成された人間関係からの情報を元に、これまたep1で深い傷と共に学んだ行動力によって、目標にたどり着く。
また、ハガナが絶望する主人公に対して、まだ方法はある、と税金について提案した後、それを信じてハガナと二人で主人公がバートンと交渉に行くのも最高だった。
バブルや軌道エレベータの人体への影響はep2の時点で指摘されていましたし、ep1から見事にこの作品は繋がっているなぁ、と感服しました。


あと、バートンは本当にいいキャラクターでしたね。
撤退の早さ、企業の調査、計画の立て方と全てにおいて卓越していて、ep2,ep3共に最悪のタイミングで電話をかけてくる上に、やろうとしている事のせいで憎めない。
最後の、主人公との交渉の後の "割り勘だ"とか本当に格好良いし、主人公と一緒に喜んでしまいました。


纏めると、本当に良い作品でした。
久しぶりに、続きが気になりすぎて16時間ぶっ通しでプレイしましたからね!(なつ○るは駄目だった…)






弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。