スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装甲悪鬼村正 感想





Nitro+ 10周年記念作品 装甲悪鬼村正。
章の切り替え時に何度も見る言葉が、この作品を象徴している。つまり、
これは英雄の物語ではない――

ニトロ作品と言えば、暗く、現実的で、しかし独特の世界観をもつものという風に私は勝手に思ってますが、この作品はまさにそうであったように思います。
特に一章は凄まじい。
優しいゲームに慣れ過ぎた脳が作り出す甘い幻想を、「いや、これニトロ作品だから…そんな甘くないから…」と振りはらいつつ読んでもなお少々のダメージを受けるあの結末。
何であんな暗い場面で街の散策中みたいな陽気なbgmが流れてるんだよ!
シナリオゲーでもこういった残酷さが無いものばかり読んでいた人がやればなかなかに衝撃を受けるのではないでしょうか。
また、1章において巧みにその世界観を説明していること、六波羅への怒りが(とまではいかなくても苛立ち程度は)読み手にも生じるように作られていることが素晴らしかったように思います。
2章以降も六波羅の非情さは変わりませんが、それを読む頃には″またか″という一種の諦念と怒りが生じる程度にはもうこの世界観に馴染めてしまっているのではないでしょうか。

とまぁ、シナリオに関しては後で書くとして、このゲームの売りの一つはキャラクターでしょう。
どのキャラクターも濃いので、完全に好みが分かれると思います。
村正をやった知り合いとどのキャラが好きかを話し合うと、えーまじかよ!お前あいつが好きなの?どこがいいの?といがみ合う展開になること必至な気がしてなりません。
そのくらい好みが分かれる…はず。
万人受けするのは、光くらいだと思います。これも怪しいけど。
まぁ、多くの方は魔王編をやり始めてから好きなキャラクターが増えるのではないでしょうか。
惜しむらくはヒロインの微妙さ。
一条と大鳥に関してはそのキャラクター性も一因とはいえ、そもそも各√における立ち位置がヒロインというよりライバルであるせいだと思います。
正義と悪とは、あるいは復讐とは という各√の問題を考えるための対極存在でしかない。
そのため、最後まで私はこの2人はそこまで好きになれませんでした。
次に、超絶ぷりてぃーでメインヒロイン間違いなしの茶々丸ちゃん。
ヒロインとしてのポテンシャルをもっている茶々丸ちゃんですが、残念ながら√が非常に短い。
物語の流れを考えると、仕方ないんですけどね…。
3章の時点でビビッときて茶々丸√を楽しみにしていた私は深い悲しみに包まれました。
村正に関しては普通にヒロインやってたので割愛。光もヒロインといえばヒロインですが、攻略対象たりえぬ存在なので割愛。

また、映像と解説も素晴らしかったように思います。
10周年記念作品だけあって、映像が随所に挿入されています。特に武者の戦闘時なんかは、技出せば映像出るみたいな印象。
小市民なので、これに対して金かかってんなーという感想しか出せないのが辛いところです。
それよりも素晴らしいと思ったのは、解説画像です。
この画像は、武者同士の戦いや、剣を用いての対戦時に今どういった状態なのか、相手や自分が為す行動はどういったものなのか、というのを明確に示してくれます。
剣術、例えば「燕返し」という技を聞いても実際どういった行動が行われるのかすぐに頭に浮かぶ人は少ないのではないでしょうか。
斬り下げた後すぐに斬り上げる、と書けば雰囲気は分かりますが、そもそも一般人は剣術のいろはが分からないのでその選択肢を取った事に対する驚き、納得、といったものが文章を読んだ時に生じない。
画像によって、「普通はこう動く。だからこの選択肢が強いんだ」という事が目に見えて明確に示されること、それによって少なくとも納得はできるので、現実味が増したように思います。
一方、こういった細かい解説によって戦闘のテンポは悪くなったので、不満に思っている人もいるかもしれません。
特に、ドラ○ンクエストの終盤で雑魚戦を飛ばすような人間なんかは。
これが村正を燃えゲーだと思わない人がいる理由でしょうね。
私は魔王編、アツかったと思います。

次に、システム面。
はじめに、縦読みシステム。
縦読みである必要性があったのか?
雰囲気は確かに出た気もしますし、外国語と大和語が明らかに区別できたのは良かったと思いますが、
文字数が少ないので、読む時間が増加してしまうデメリットも。まぁこれは±0、別に文句はありません。
文句があるのは、しおりです。
これいりますかね?いらないでしょう。
しおりだけしかないのなら分かりますが、普通にセーブ機能があるならサイドメニューはしおりではなく、セーブで良かったと思います。
あと、途中に出てくるミニゲーム的な移動とかパズルはいりますかね…パズルは兎も角、移動ゲーは面倒なだけでした。

最後に、もう一度シナリオについて簡単に。
このゲームは、繰り返しが多いです。
善悪相殺の意味、主人公の葛藤…答えにたどり着いては迷うことを繰り返す。
これに対して苛立つ人もいるかもしれませんが、このゲームはそういうものです。
気に食わないならば、多分向いてないでしょう。
このゲームは非常に長いので、駄目だ、と思ったら早めに止めた方がいいと思います。
ちなみに、英雄編、復讐編は7時間程度、魔王編は10時間以上かかった気がします。
英雄編は一つの物語として完結してますが、復讐編はどちらかというと魔王編の下地な印象を受けました。
魔王編は文句なしに面白かったです。

とまぁ、存外に長くなってしまったので、後はネタバレ込みで追記にて。

続きを読む

スポンサーサイト

atled -everlasting song - 感想



FLAT atled -タイムリープ系シネマティックノベル-2012年7月27日発売


atledの感想です。
感動を銘打った本作ですが、確かに感動できる部分がありました。
特に1章の出来は素晴らしくて、思わず感動してしまいました。
希さんいいよ、希さん。
ってか、この作品は希さんでもってるといっても過言ではないです。
ほんとにあの人の我が子への愛情というかそういうのがすごくて…。
とにかく気になる人はやってみてください!

僕の不満点は主に4章なので以下のネタバレで書くとして、
もしもatledをやるかどうか迷ってこのサイトにたどり着いた人は以下の点に注意してください。

・これは最終的に「世界」を救う話です。
・もちろん「敵」も出てきます。

この2点には注意してください。
体験版をして1章のノリでこれ以降も続いてゆくと思ってはいけません。
2章からはどちらかと言えば「街」の仕組みを解き明かしてゆくことになります。
僕はそういうのも好きだったからまだ受け入れたのですが、
普通に泣きゲーがやりたい人ならがっかりするかもしれません。
まぁラストはちょっとがっかりしましたけどね…。

作品全体の点数としては82点くらいかなと。
合う合わないがあまりないからみんなこんな感じの点数か、
と思いきや二極化してますね。
うーん、そんなに悪い作品ではないと思うんですけど…。
プレイ時間は18時間程度。
途中でやるのがしんどくなりますが、4章からはまた面白くなります。


以下ネタバレ

続きを読む

Roboticss;Notes 感想



どうもこんにちは。
なんやかんや忙しくてなかなか更新できませんでした。

さて、ROBOTICS;NOTESの感想です。
僕が事前に知っていたのは以下のとおり

・ツイぽでの分岐はめんどくさいので攻略サイトを早く見ること
・君島レポートはめんどくさいので攻略サイトを早く見ること
・中盤はすごく盛り上がる
・終盤はほんとにダメ

最初の2つは本当にそのとおりですが、
最後の2つに関しては少し違ったかなとおもいます。
この最後の2つに関してはネタバレで語るとして、
ここでは最初の2つ+ギルバラシステムについて書こうかと思います。

・ツイぽでの分岐がめんどくさい
本当にそのとおりですありがとうございました。
いや、別に分岐のめんどくささはこの際攻略サイトを見るとして、
ツイぽシステムで僕が許せなかったのは、
ツイぽ上でリプを送ったのに
そのキャラからそれに対するリプがなかったことです。
リプを返さないことによってツイぽが非常に人間味のない
ただの分岐システムに成り下がってしまったような気がします。
あれに返信があれば、もう少しツイぽを楽しめたのに…。

・君島レポートについて
範囲広い。
拡大しないと見えない。
拡大しても背景色に紛れて見えにくい。

以上の三点セットで非常にめんどくさいものとなっています。
インガノックの心の声だとかシャルノスの逃走システムとかそんなレベルじゃねぇ!!
せめて背景色に紛れるのはやめてくださいorz

・ギルバラシステム
なんだあの中途半端なミニゲームは!
どうせやるならもっと難易度つければよかったのに。
相手がチートキャラ設定なのに、倒すの余裕すぎでした。
もっと時間を短くしないと緊迫感が出ないでしょう。
主人公が必死でようやく勝てた感を出してるのに
操作してるこっちが寝転びながら片手打ちしてるんじゃねぇ。
それでも40秒くらい余るとかほんとなんなんでしょう。
あのシステムが好きだっただけに、本当に残念でした。


まぁ前作に比べれば盛り上がりに欠ける展開ではありましたが、
全体として見てみれば82点くらいかとおもいます。
最後の展開も陳腐さは少し感じつつも僕は嫌いじゃなかったですしね。

カオヘ、シュタゲとやってきた人はやっても悪くないと思います。
この三作を比べるなら ロボノ・カオヘ<<<シュタゲ といった感じ。
カオヘは雰囲気が大好きだったので、僕の中ではかなり高評価です。
それと、これは「考えるのではなく感じる」ゲームなので、
フラグが回収されないと気が済まない、または理屈が通っていないと気が済まない人にはオススメしません。


以下ネタバレ

続きを読む

【レビュー】Rewrite Harvest festa!



言わずと知れたKeyの最新作です。
本作はRewriteのスピンオフ+ファンディスクとなっています。
各ヒロイン(小鳥、ちはや、静流、朱音、ルチア、篝)のスピンオフと、システムボイス、壁紙、ミニゲーム、その他特典が同封されております。

それぞれのスピンオフは1~2時間程度でさくっと終わります。ライター陣は「Rewrite」と同様だと思われます。
ファンディスクのスピンオフというと、作中でヒロインと結ばれた以後のいちゃラブストーリーというイメージが強いのですが、今作はいちゃラブ一辺倒という形ではないです。むしろ、一つの短編として出来の良いものが集まっています。
各ライターさんの印象としては、やはり田中ロミオ氏のシナリオが頭一つ抜けているなーという印象です。
特に篝ルートはよかったです。
一方でルチアルートの竜騎士07氏。「Rewrite」でのルチアルートは正直好きじゃなかったんですが、今回は結構面白いです。ただ、テーマがテーマだけにもうちょっと深く掘り下げてたらもっとおもしろくなったんじゃないかなーという気持ちがあります。オリジナルルートが彼の色が強く出ていたのに対して、今回はKeyの作風に合わせたように感じました。

そして今作のメインコンテンツ(?)であるミニゲーム。
ダンジョン攻略型のRPGです。
Rewriteの各キャラクターを駆使してダンジョンにいるボスを倒して奥の階層へと向かうという形式です。
正直ここはまだ途中までしかやってないのでシナリオがどうだった、というのは言えないのです。
ただ、システム面は割と凝っていて市販されてるRPGのようにパラメータ配分やスキルをスキルポイントで覚えていく、合成システムなどがあります。
これが結構ハマります。合成中のデフォルメ小鳥ちゃんはめちゃくちゃかわいいです(小鳥好き補正かもしれんが・・・)

瑚太朗がフルボイス化しています。
ただ、これ森田さんの声そのまんまじゃね?wwwwとか思ってしまいました。
イメージとしてはあってていいんですが、ラジオRewriteでの森田さんのイメージが離れない^^;;;
え、小鳥さんと斉藤千和さん?別人ですよね?(すっとぼけ)

プレイ時間はシナリオ6時間+ミニゲームプレイ時間という感じです。
ミドルプライスと考えれば、特典込みで割とお得な感じだと思います。
点数ですが、評価外ということで。ファンディスクをどう採点すればいいのか分からないので^^;;;
敢えてつけろというのならばコスパを考慮して80点台には入ると思います。


まとめ:小鳥さんは瑚太朗の嫁。異論は認めない。

以下ネタバレあり

続きを読む

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。