スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】俺たちに翼はない



Navelが送る「俺たちに翼はない」です。

名作と名高い今作ですが、そういった期待を抱いてこのレビューを読もうとしている皆さん。
とりあえず↑にはったデモムービーをご覧ください。

ご覧いただけたでしょうか?
この作品はデモムービーのままのお話です。
レビューサイトの高得点を見て、最後にどんでん返しの感動物語であったり、いろいろな苦悩をたどる純愛物語であったり、
特殊な世界観で魅了する作品であったりするようなものを期待したのであれば、期待外れとなるかもしれません。
「大都市、柳木原。」「ありがちな悩みとありがちじゃない悩みを抱えた若者たち。」「彼らが出会う、恋とももろもろ」
「それはきっと何処にでもある、ありふれた物語。」「僕らが語るのは、たとえばそんなメルヘン。」
こういうお話です。
大都市にいる若者たちを取り巻く4人の主人公たちの群青劇です。


特筆すべきはキャラが生き生きしているという点。
エロゲーというものはプレイヤーの大半がいわゆる萌え豚みたいな人たちで構成されているので彼らに受ける作品を作ろうとするとキャラも自然と受けるキャラにしてしまい、「ツンデレ」のようなジャンルに締めくくったパッケージングされていっている傾向の中、キャラがそういったパッケージを超えて生き生きしています。
言い換えるなら、エロゲーのキャラはよくもわるくも現実世界に「こんな人いるわきゃねーだろ」っていう感じだけど「可愛い」とか「かっこいい」といったキャラクターが多いと思うのです。今作は「あー、こんな人いそー」みたいなキャラが結構多いように思います。あれです、等身大のキャラ。
といっても、狙った感があるキャラだっています。それでもその狙った感のキャラも柳木原という舞台で生きているっていう感じがするのです。
またはシナリオ重視のゲームにありがちな「シナリオ構成上に配置した駒」的なキャラ。もちろん悪役としてのキャラ、泣かせてくれる友情キャラみたいな配置は存在しますが、あからさまなあざとさがありません。
そういった意味ではこのゲームはシナリオゲーでもなく、キャラゲーでもなく最近のエロゲーから消失した「恋愛シミュレーションゲーム」と思います。

キャラが生き生きしているということで日常パートは大方面白いです。
ただ、登場キャラがイマドキの男の子と女の子なんでそういうのが苦手な人はつらいかも。というかおすすめいたしかねます。
あとは下ネタが横行しております。「×んこ!」と連続で叫び始めます。下ネタが嫌いな方は合わない部分が多いかもしれません。ただ、そういう下ネタも下ネタでありながら、どことなくセンスの感じられる下ネタというのも好感が持てる一因となっているのかも。思春期の男子高校生とかが完全に女性を性的物体としてみた卑しいようなべたべたした感じではなくあっさりしてます。
それはライターのセンスなのでしょうね。
他のテキストでもセンスが光っています。

どのキャラが好き、というのは挙げてたらキリがありません。ほとんどのキャラがプレイ後には好きになります。(一部こいつはちょっと…ってキャラもいますが)
メインヒロインのカップリングもセンスがあると思います。イーグルとファルコンルートにおいては主人公とヒロインが一見かみ合わない、相性悪そうな感じなのにはまりこむとベストカップルになっちゃうあたりはライターのセンスの良さがうかがい知れます。
サブキャラたちは正直メインより目立ってるやつらもいますが、基本的におもしろいです。YFBのみなさんあたりは初見はなんか鬱陶しいやつらだなーって感じかもしれませんが、だんだん好きになってきます。

ルートは4つあります。
僕はホーク→イーグル→ファルコン→コンドルという順にやりましたが、このままの順番をおすすめします。
最後のコンドルだけが固定で他は順番通りではないんでそこは主人公のお好みでお選びいただけたらと思います。
プレイ時間は20~30時間ぐらい。点数は80点台なのは間違いありません。僕は80~85のいずれかぐらいかと思ってます。
点数が低い理由は、これは「ありふれたお話」ということからです。ゲーム的な大きな感動とかシナリオのレトリックとかそういうのがないのでそういうのと勝負すると点が下がってしまいます。

「この空の下、俺たちに翼はないんだ…」
そんな半ばあきらめたようなことを呟いているあなた。
この作品を手に取りましょう。
そしてこういいましょう。
「世界が平和でありますように」


追記
やっぱり好きなキャラを述べておきたいと思ったので。
しかし、あまりの多さにこのままではほぼ全員挙げてしまいかねないので、「各ルートの主人公、メインヒロインを除いたキャラからとくに好きなキャラを抜粋」という形をとります。それでもかなり迷ったが…。
それぞれのコメントはネタバレにて。
名前は一応本名にしておきましたが、正直あだ名とか呼び名のほうで覚えてたからしっくりこねえ…。


・ホークルート
針生蔵人、山科京、女生徒A
・イーグルルート
軽部狩男、米田優、望月紀奈子
・ファルコンルート
春日春恵、LR2001(左右田仙一)、森里和馬
・コンドルルート
吉川あきら、初期××××、牧師


以下ネタバレ

続きを読む

スポンサーサイト

はつゆきさくら 感想

「はつゆきさくら」応援CHU!!


とりあえず感想。

このゲームを普通のループもののギャルゲーと同じような感覚でやると、各個別キャラでがっかりしすぎて途中でやめたくなるかもしれません。
そうも言いたくなるような個別キャラの完成度の低さ。
グランドルートのための伏線を張ってるってのはわかるのですが、それにしても中途半端すぎて、個別ルート内で一応完結しているのは綾ルートと大目に見てシロクマルートくらい。
夜ルートなんて、わけがわかりません。
あんなものあれだけで評価しようと思ったら正直70点くらいです。
そして、本ルート終わってから振り返ってもシロクマルートいらないと思います。
ってか、シロクマ自体この話にいらないような気がします。

なので、ここでは各個別キャラはただのグランドルートのための補足シナリオという風に認識して、本ルートのみについて書きたいと思います。

そういう認識の元、このゲームを評価すると大体84点くらいでしょうか。
各補足シナリオでまかれていた伏線も大体回収し、「卒業おめでとう」というメッセージ性も伝わってきて、まぁやって良かったなと思わされました。

ただ、やっぱりこの世界観にあまり引きずり込まれなかった感じはありました。
初雪たちの世界を遠くから眺めているだけのような…
その原因は

1.初雪というキャラがプレイヤーを引き込むようなキャラではなかったこと、
2.「ゴースト」という実感の伴わない概念を主軸にしていた
3.その「ゴースト」の概念を実感させるだけのシナリオの量がなかった

があげられるように思います。
もうちょっと個別ルートで唐突感をなくして、シナリオ量を増やしたら80点台後半へいけたような気がします。


そして、鬱ゲーと期待してやると少しがっかりするかもしれません。
なんというか主人公とか周りのキャラが明るいので、あんまり陰鬱とした雰囲気がないです。
っていうか、普段の会話は非常に面白いです。
あのキャラ同士の掛け合いはやっていて楽しかったです。

最後の展開だけは鬱なんですけど。

あんまり陰鬱に感じなかった原因は直前にやった某ゲームのせいかもしれません。
そういう意味でもあのゲームは罪深いなぁ(´・ω・`)


最後の攻略順をば。
僕は
夜→綾1→シロクマ→希→(サブキャラ)→桜→綾2
でした。
ただ、夜をはじめにやるとほんとに意味がわからないので、
綾→夜→シロクマ→希→(サブキャラ)→綾2→桜
とやるのがいいでしょう。
ただ、僕は途中分岐で一旦セーブしてサブを終わらせてまたセーブポイントに戻ってグランドルートをやると盛り上がってたテンションが下がってグランドルートに入ってしまうので、あまり好きじゃありません。
できれば桜ルートをその盛り上がったテンションでクリアして欲しいです。
綾2はあくまでもCG回収。
まぁこれは個人の好きにやればいいと思います。



一番好きなキャラはわかるかと思いますが綾。
ダントツにかわいいと思う^^





以下すさまじいネタバレ

続きを読む

リトルバスターズEX 感想

リトバス



リトバス感想

まだ沙耶ルートは終わっていないのですが、一応Refrainまでは終わったので感想を。

鍵らしいご都合主義を内包していたものの、街の意志によって復活したり、カラスになって励ましたりしたのよりかははるかに納得できるものでした。
あれくらいの奇跡なら…まだ許せるかな。
理路整然としたものしか受け入れられないような人はkey作品自体が体にあっていないのでやらないことをおススメします。

それと、これは鍵作品に共通に言えることですが、日常会話が面白い。
真人とか反則だろっ!
筋肉しか言ってないのになんであんなに面白いの!
昔同じことしか言わないキャラを書いたことがあったけど(遠い目)使い方によってはあんなに面白いキャラになるんだって思った。
まぁそこはそのキャラの過去とか深い友情だとか他にも付属要素があって初めて成り立つものなのかもしれないけど。
キャラ設定とかは相変わらず素晴らしいと思います。

それと男の友情ものに弱いお(´;ω;`)
Refrainの野球のシーンとかちょっと感動してしまった。
まぁ某アニメと少しかぶってるなぁとか思ったんだけど、アニメよりもはるかに感動できました。
それにしてもあの人野球好きすぎだろ。

プレイ時間は大体40~50時間くらいか。
点数としては86点くらいだと思う。
これは世界の設定が良くできていたこと、キャラが良かったこと、野球やバトルなどミニゲーム的な要素も楽しめたことが大きかったかなぁ。
どうしても90点にのらないのは、やっぱり個別ルートが弱いのが気になったからですね。僕の基準で90点にのるかのらないかは欠点が一目で見られないこと、かなぁ。
個別を読んでた時にしんどかった思い出が僕を邪魔する(´・ω・`)

追伸
筋肉ルートが最強すぎた。
あれはよかったわ( ^ω^)



これ以降はどう書いてもネタバレになるので、これ以上はかけないことをここに記す…笑



続きを読む

【体験版】屋上の百合霊さん




百合霊






Liarsoftがおくる30作品記念百合ゲー。

体験版なので以下に感想


続きを読む

WHITE ALBUM 2 -closing chapter- 感想

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf



WHITE ALBUM2 感想
まずこのWHITE ALBUM2という作品に関して。
あなたの思うことは必ず思ったタイミングで訪れます。
それは間違いありません。
この作品は「意外性」と対極にある作品です。

そして、この作品をやってて思ったことはギャルゲーではおなじみの1ルートで一人という当たり前の原則が、このゲームに限ってはひどくプレイヤーを苦しめるものとなっているということ。
特にかずさ√ではあまりにもその現実(まぁゲームなんだけど)に目を向けるのが恐くてWA2をしばらく起動できませんでした。
僕でさえそうなんだから、春希くんなんてどれだけの覚悟が必要だったんでしょうね?
ちなみに、こんなゲームなので実家のリビングでやるのはきついかも。
PCの画面上で僕は何度も悶えたので、親に変な目で見られるかも。
下宿先でできてよかった。

あ、それともう一つ。
武也・依緒・○(まだ秘密)について。
これがまたいい味出してる。
時々、こいつら鬱陶しいなぁとか思いますが、でもやっぱりこいつらがいなければWA2の魅力は半分…は言い過ぎにしても2/3くらいになるといっても過言ではないでしょう。
ほんと、武也はいいやつだお(´;ω;`)ブワッ

各個別√の感想は下に書いておきます。
ちなみに僕は 小春→千晶→麻理→雪菜normal→かずさnormal & true→雪菜true の順にクリアしました。
ぶっちゃけ、最初のサブキャラ3人はどんな順番でもいいので、嫌いなキャラから攻略しましょう。
僕は麻理さんが個人的に好きだったので最後に残してました。
ただ、雪菜trueだけは最後から外さないでください。
これを最後にしないと後味の悪さというか胸の苦しさに死にます。

ちなみに、この作品全体としては95点をつけたいなと。
なんと俺の中ですば日々を抜いて1位になりました。
いやー、びっくりした。
まさか自分がここまで好評価を下すなんてやる時は思ってもみなかった。

なぜこんなに高評価かというと、主だった欠点がないところ。
キャラの一時不快性とか日頃のキャラの絵くらいか。
でも、その不快さの一端を担った雪菜は、サブキャラ3人を攻略した段階で3回振られ続けたわけで、さすがに応援したい気持ちになりました。
そして、codaが終わると僕の中でも、すごく愛おしく思えるキャラになっていました。
完全に作者にやられたわぁ。


最後にこの作品で最も重要な曲である「届かない恋」の歌詞でものせておこうかと思います。
この歌詞はicが終わったら読んでみてください。
そして、ccが終わってからも読んでみてください。
最後にもう一度、全部をプレイしてから読み直してみて欲しいかもと思いました。


孤独なふりをしてるの?なぜだろう 気になっていた
気づけばいつの間にか誰より惹かれていた
どうすればこの心は鏡に映るの?
届かない恋をしていても映し出す日がくるかな
ぼやけた答えが見え始めるまでは
今もこの恋は動き出せない

初めて声をかけたら振り向いてくれたあの日
あなたは眩しすぎてまっすぐ見れなかった
どうすればその心に私を写すの?
叶わない恋をしていても写しだす日がくるかな
ぼやけた答えが少しでも見えたら
きっとこの恋は動き始める

どうすればこの心は鏡に映るの?
届かない恋をしていても写しだす日がくるかな
ぼやけた答えが見え始めるまでは
今もこの恋は動き出せない


以下各個別ルートの感想

続きを読む

【体験版】水の都の洋菓子店


『水の都の洋菓子店』応援バナー






たまたま見つけた作品。

体験版なので感想は以下

続きを読む

【体験版】ツクモノツキ


ツクモノツキ




好きな絵師さんが二人いたので+OPムービーの曲が結構好きだったので。


体験版なので感想は以下

続きを読む

弥生ちゃんかわかわ
【ハピメア】応援バナー
FC2カウンター
プロフィール

間宮卓司様

Author:間宮卓司様
やったゲームの感想などを書いてます。
4人でやってるので、記事によって文体が違います。
好きなゲームはいろいろ。
嫌いなゲームもいろいろ。
そしていろいろな場所に住んでおります。


スパイラルマターイ ミ☆

◇Twitterはじめました。
Twitterアカウント
msd_kai





ご意見・ご要望、その他何かございましたら以下のメールアドレスまでよろしくお願いします。(☆を@に変えてください)

takuji_misudo☆yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。